1000円カット?ありゃ贅沢だ!

食費以外で節約しているところは、床屋でのカットだ。

若い頃は普通の床屋に行っていたが、1000円カットが流行りだしたころからは1000円カット、今現在は電動バリカンを買って自分で散髪している。

20150120barbar

最初の頃はヘアスタイルを多少は気にしていたため、多少、時間もかかったが、最近ではほとんど坊主のような状態なので、15分もあれば終わるようになったし、最初の頃と比べると明らかに腕が上達しているのだ。

さすがにうしろだけは、どうやっても自分で切れないので、嫁に切ってもらっている。

この東芝の電動バリカンは7000円くらいだったと記憶しているが、もうすでに何十回もカットしているので、元が取れたどころか儲けている状態だろう。

もちろんセガレの頭もこの電動バリカンで切っているが、最近、色気づいてきやがって、ヘアスタイルに注文をつけてくるようになりやがった。

さすがに嫁の髪の毛は電動バリカンでは無理なので、たまに1000円床屋に行かせているが、お金があれば美容院に行かせたいのはやまやまである。

いくらおばさんになったとはいえ、一応は女なんで最低限の身だしなみくらいは必要だというのが俺の考えだ。

ただし、1000円床屋に行くのは、どうしても大きくカットしたいというときだけである。

2~3cm程度、切る場合は俺がカット用のハサミとセニング用のすきバサミと100円ショップで買ったシャギリ用のかみそりを駆使して、カットしている。

出来栄えの方はズブの素人なので、お世辞にも良いとは言えないが、1000円無くなると考えれば我慢した方が良いということである。

髪の毛を切るということに関しては、贅沢言わなければほぼ0円でできるのだが、白髪染めだけはそうはいかない。

俺自身も白髪はあるが、まったく気にならないので問題ないが、嫁は特に白髪が気になるらしく、何回かホームセンターで売っている安い白髪染めを買ってきて、自分で染めたが安物はやはり安物で、きちんと染まらなかったり、染まってもすぐに落ちたりするのだ。

これこそ安物買いの銭失いだと感じたので、白髪染めだけは美容室に行っている。と言っても年2~3回程度だが…

一応、女の嫁にこんな思いをさせて申し訳ないと思う気持ちは常にある。

嫁よ!恨むならワーキングプアになってしまった俺を怨んでいいんだぞ!

ただ、それも嫁の運命だったのかもしれないが。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です