ネットビジネスのみの収入で確定申告するようになったら経費をかけないとヤバい!

毎年のことだが、個人事業主にとってこの時期はヒジョーにユウウツになる…その理由は確定申告があるからだ。

と言っても、もう20年以上確定申告をしているので、流れはすべてわかっているのだが、経費の計算だけは何度やってもめんどくさいものだ。

前回は珍しく多少の黒字だったことから納税したが、今回は売上、経費ともそれほど変わらなかったが、控除が増えた分で赤字になったので納税は無かった。

赤字になってしまったのだから、納税しなくてもいいのは助かったが、それよりも今回の確定申告で大切なことに気付いてしまった。

スポンサーリンク

それはネットビジネスだけで確定申告をするようになったら、もっと経費をかけないとたんまり税金を払わなければいけないということだ。

そう思った経緯を説明しておこう。

オレは個人事業主として軽貨物運送業を営んでいるが、これはあくまでも生活費を稼ぐための手段としか思っていなくて、気持ち的にはネットビジネスが本業だと思っている。

ネットビジネスと言っても、今現在やっているのはアドセンスだけなのだが、この収入が昨年と比べると今年は3倍以上に増えているのだ。

それはそれでうれしいことなのだが、経費を計算してみてビックリ!

収入は3倍以上に増えているにもかかわらず、収入を得るためにかけたお金、いわゆる必要経費はほぼ変わらないのだ。

やっていることは、去年も今年もほぼ変わらないのだが、アドセンスというのは、記事を書き続けていれば、自然と報酬は増えていくシステムになっていることから、経費は変わらず収入だけが増えていくことになる。

スポンサーリンク

理屈ではわかっていたが、実際、計算してみるとホントにその通りになっている。

もし今年、もっと収入が増えたとしても、経費が同じだったとしたら、確実に黒字になり、当然、納税することになる。

納税するのは国民の義務なので、オレ自身の考え方としてはしっかり税金を納めて堂々と生きていきたいと思っているのだが、ワーキングプアと自称しているように常にギリギリの生活をしているので、数万円もの税金を払うのは厳しいものがある。

しかし、ネットビジネスのみで生活するのが夢なので、これからもどんどん収入を増やしていくつもりだが、そのためには経費をかけなければヤバいのでは?と思うようになった。

そこで、オレがやっているアドセンスでの経費には何があるかを考えてみた。

ネットビジネスでは教材費やセミナー代などは経費になることは知っていたが、そういった一過性の経費ではなく、軽貨物運送業のガソリン代のように毎月コンスタントにかかる経費が必要になる。

サーバー代やドメイン代、ネット回線も経費だが、それは今でも計上しているので、それ以外に考えられる経費は記事外注費しかないことがわかった。

ということで、今年は今まで以上に記事を外注して経費をかけながら、もっと収入を増やすことを目標にしたいと思う。

そして最終的にはネットビジネスだけで生活にまったく支障が無いくらいまで稼げるようになったら、税金のための貯金もしていくつもりでいることは言うまでもない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です