子供に譲れる資産がない…だからネット上に資産ブログを残す!

2017年4月から定時制高校に通い出したセガレが6月末から近くのホームセンターでバイトを始めた。

約16年前に生まれた赤ん坊が、いよいよ社会に出て、お金を稼ぐということがどういうことか身を持って味わうことになるわけだ。

これは親として、学校へ入学することよりも考えさせられる問題だと思うが、我が家では「命に関わること以外ならとにかく経験してみろ」というのが家訓みたいなものなので、セガレは今、自分のチカラで他人様からお金をいただくということを経験してる最中である。

スポンサーリンク

普通ならセガレの将来のことを考えて、後々役に立つ仕事をさせたいと考えるところだが、15~16歳くらいで将来のことを考えられる人間なんてーのはほんの一握りだろう。

勉強もできなけりゃ、運動も苦手というセガレにそれを考えろというのは、ちと無理がある。

まあ、オレとしては25歳くらいまでに自分がしたいこと、もしくは自分ができることを見つけられればいいと思っている。

セガレがいろいろな経験を積んで、自分の仕事が見つかるまでオレがやっておくべきことはブログを書き続けることだと思っている。

というのは、胸を張っていうことではないが、オレにはセガレに譲ってやれる資産は一切ない。

しかし、何かしらの資産的なものをセガレに残してやりたいと考えるのは親心ではなかろうか。

そこでビンボーなオレにもできて、資産となりうるものを考えた時に出てきた答えが、資産ブログだ。

スポンサーリンク

資産ブログというのを簡単に説明すると、ネット上に存在し続けて、お金を生み出してくれるブログのことだ。

その資産ブログの条件を考えてみると、放置しておいても集客ができる+放置しておいてもお金が入ってくる仕組み、ということになりそうだ。

そしてなんの才能も特技も無いただのオッサンが資産ブログを構築するには、とにかく記事を書き続けることしか無いと思っている。

当然、安定した収入になるまでには時間はかかるが、コツコツとやっていれば確実に収入は増えていくことはここ2年くらいで実証済みなので、このまま続けていくつもりだ。

もし、生活できるくらいの収入が安定して入ってくるような資産ブログが早くできあがれば、沖縄に移住する予定だが、もしそれが遅ければそれはそのままセガレに譲るつもりでいる。

セガレはバイトを始めて数日だが、働いてお金をもらうということが分かり始めたので、昨日、オレの資産ブログが今、月々いくらくらい稼いでいるのかを教えたやったら、ちょっと嬉しそうな顔をして聞いていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です