自称YouTuberどーするよ?収入を得るには1万回再生以上が条件になったぞw

数年前『好きなことで生きていく』というテレビCMまで流していたYouTuber育成計画によってかどうかは不明だが、最近の小学生の将来の夢にユーチューバーが入ったというニュースがあった。

そしてその少し前にヘンな動画に広告が掲載されたということで、ヨーロッパのいくつかの企業がYouTubeから撤退したというニュースもあった。

そして今日、自称ユーチューバーにとっては悲しいニュースが流れた。

それが『1万回再生未満の動画には広告を出しません宣言』だ!

参考記事:YouTube、視聴回数1万未満のチャンネルは広告収入なしに

スポンサーリンク

数年前は猫も杓子もユーチューバーになろうと騒いでいたが、その結果、ヒジョーに質の悪い動画がどんどん上がるようになってきた。

いや、へたくそな動画とかくだらない動画とかならまだしも、人を不愉快にさせる動画やチェーンソー男のように犯罪まがいの動画もフツーにうpされるようになったわけだ。

収益化をしていれば、そういったヘンな動画にも広告が流れるわけで、イメージが大切な企業にとっては大変なイメージダウンになりかねない。

そういったことからYouTubeに広告を出していた一流企業が次々に撤退していったわけだが、広告を収入源とするYouTubeにとってこれは痛い。

さすがにYouTubeも黙っていられなくなって、打ち出してきたのが『1万回再生未満の動画には広告を出しません宣言』ということだろう。

すでに自称ユーチューバーになっていて、動画の再生回数が1万回以上になっているチャンネルは変わらないようだが、まだ1万回再生に届いていない自称ユーチューバーは広告が一切、表示されなくなるというのだから大変だwww

まあ、昔ながらのブログでのアドセンス申請も厳しくなったようだし、広告収入が事業の根幹なのだからYouTubeにとっても当然の流れなんだろう。

こうなるとただ動画をうpしとけば良かった昔と違って、再生回数を稼げる動画を作らなくちゃいけなくなるわけだし、どうにか1万回再生に達したとしても、動画の内容によってはその後の申請で却下される可能性もあるようだから、収益化自体が難しくなるということだろう。

これからユーチューバーになろうと思っている自称ユーチューバーさんどーするよ((´∀`))ケラケラ

スポンサーリンク

まああれだな、YouTubeやGoogleのポリシーをよく勉強して、そのポリシーに反さない適切な動画を作っていって、1万回再生されるまでコツコツうpしていくしか方法はないな。

つまり“ローマは1日にしてならず”ってことだからガンバレよ(*`艸´)ウシシシ

つか、それよりも気になるのが、ネットビジネス初心者をターゲットにしてユーチューバーになろうと煽っていたこの業界の輩はこの変化にどう対応してくるのだろうということだ。

情報弱者から搾取することを生業としている輩たちだから、こんなことではへこたれることは無いだろう。

逆にこの変化を利用して言葉巧みにお金を搾取する方法を考え出すかもしれないな(^▽^;)

ちなみに俺はそんなことが騒がれる前からYouTubeに動画をうpしていたし(参照)当然、収益化もさせているが幸い10万回再生を超えているので、今のところは問題なさそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です