ふわっちで収入を得ようと画策!無料なんだから試してみる価値あり!

ネットで副収入を得る方法にはいろいろあるが、最近の主流は動画を使って副収入を得る方法だ。

動画で稼ぐと言えばYouTubeに動画をうpして稼ぐユーチューバーを思い浮かべると思うが、これは動画が再生されると広告が流れることで得られる収入、いわゆる広告収入だ。

他の動画サイトと言えば、ニコ生、ツイキャスあたりが一般的だと思うが、これらはYouTubeのように動画を作ってうpするのではなく、基本的には誰でも生放送ができるサービスだ。

ニコ生やツイキャスでは生放送したからと言って収入が得られることはなく、これらで収入を得るには有料チャンネルで人を集めたりする必要がある。

なので生配信にはまったく興味が無かったのだが、つい最近、生放送をするだけで収入につながるという今まで無かった動画配信サイトがあることを知った。

それがふわっちだ。

ふわっちというのは、スマホアプリをインストールするだけで、誰でも無料で簡単に生配信ができるのだが、スマホで生配信できるだけなら何も珍しくない。

ふわっちと他の動画配信サイトとの最大の違いは生放送するだけで収入になるというところだろう。

スポンサーリンク

収入になると言っても、放送をすれば確実に収入になるわけではなく、正確には放送が盛り上がって視聴者やファンが増えれば収入になる可能性があるということだ。

放送するだけで収入になるならおいしいハナシだが、無料で生配信するだけでで収入につながる仕組み自体が今までになかった仕組みだろう。

例えばYouTubeで収入を得るには、再生回数が増えるようなおもしろい動画を作らなければいけないところへきて、YouTubeが流した「好きなことで生きていく」のCMに感化されたエセユーチューバーが増えまくったことから、最近では一再生あたりの広告単価が以前の半分くらいになったと言われている。

ニコ生は生配信の先駆けだと思うが、無料配信してるだけでは1円の収入にもならず、視聴者が月額540円の有料チャンネルに加入してはじめて生主の収入になるので、よほど人気者にならない限り生配信で収入を得るのは難しいのが現状だ。

その点、ふわっちなら動画を作る必要もなく、視聴者からお金を取る有料チャンネルを作る必要もなく収入が得られるチャンスがある。

その仕組みとを簡単に説明しておこう。

まず、配信者のすることは生配信をするだけ。

そしてその生配信を見てくれる視聴者はアイテムというものを持つことができる。

アイテムは購入するのが基本だが、無料でもらう方法もある。

基本的なアイテムは次の通り。

風船100個→120円

ハンバーガー10個→120円

ハート5個→120円

パフェ1個→360円

花火1個→1080円

このほかにも期間限定アイテムというものがあるのだが、それはその名の通り、期間限定なのでその都度変わってくるらしい。

これらのアイテムを視聴者が購入して、気に入った配信者にプレゼントすることができるのだが、これが収入になるのだ。

と言っても、アイテムの金額そのままが配信者にくるのではなく、運営側の取り分を引いた残りをポイントとして配信者に付与されるという仕組みだ。

どれくらいの比率で付与されるのかは公開されていないので、不明なのだが実際にポイントが付与された配信者のハナシまとめると次のようになる。

風船1個で配信者に0.4ポイント=5個で2ポイント

ハンバーガー1個で配信者に5ポイント

ハート1個で配信者に11ポイント

パフェ1個で配信者に166ポイント

花火1個で配信者に500ポイント

1ポイント1円なので風船5個もらうと2円、ハンバーガー1個もらうと5円、ハート1個もらうと11円、パフェ1個もらうと166円、花火1個もらうと500円となる。

花火以外は笑ってしまうような金額だが、ファンが増えればこれが積もり積もって結構なポイントになる配信者もいるようだ。

スポンサーリンク

そうやって溜まったポイントは1ポイント1円で換金できるのだが、現金ではなくアマゾンギフト券と交換できるので厳密に言えば「換金」ではなく「交換」だろう。

ただ、アマゾンギフト券も買い物という意味では現金と同じ働きをするわけだから、大きな意味では換金とも言える。

どうしても現金化したい場合は、額面よりも多少安くなってしまうが新作ゲームを買って売ったり、金券ショップに持ち込んだりすることで現金化できる。

まとめるとふわっちは生配信するだけで収入になる可能性はあるが、小遣いくらい稼ぐにもある程度の人気を得る配信者になる必要があるということだ。

いずれにしても視聴するのも配信するのも、無料アプリをインストールすればいいだけなのでダメ元で試してみようと思っている。

と言っても試すのは俺ではなく、前々から配信者になりたいと言っていた嫁にやらせてみるつもりだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です