借金と価値の関係~仕事のストレスを減らすための借金なら価値あり?!

5年半前に知り合いの車屋のオークションシステムを利用して自分で落札した日産クリッパーがたったの18万kmしか乗っていないのに不具合だらけだったので、スズキエブリイの中古車を借金して買ったとこの記事で書いたが、新しい車が来て約10日で仕事に使ったのが7日だが、あまりにも良すぎて感動すら覚えているw

20161028every

中古車とはいえ、年式の新しい車がこんなに快適だったとはまさに目からウロコ状態で、前の車と比べると新しい車ってこんなに気持ちよく走るもんなんだと改めて思っている。

まず、エンジン音の静かさ。

前の車は出勤前に暖機運転するとエンジン音が大きくて、部屋にいてもエンジンがかかっているのがわかるのだが、今度の車はエンジン始動後、数分経つとエンジン音がまったく聞こえないので、エンジンがかかっていないのかと思うくらいだ。

そして走り。

前の車はアクセルを踏むとほんの少しだけ、タイムラグがあってから回転数が上がり出すのだが、それからも吹けが悪くてスピードが上がるまでに結構な時間がかかった。

しかし、新しい車はアクセルのレスポンスもいいし、加速もまったく問題ないので、大通りへの合流もスムーズだ。

スポンサーリンク

細かいことを言えば、他にもいろいろ良いところはあるが、軽貨物運送業が生活費を稼ぐ手段の俺にとっては車の中でストレスを感じないというのが一番うれしい。

この中古車のお金の話をすると車検2年付けてのコミコミ価格で74万円だった。

そのうち4万円だけを現金で支払い、残金の70万円のローンを組んだので、ほぼフルローンだろう。

この返済が月々約15000円とビンボーな我が家にとってはかなり痛い金額なのだが、遊びじゃなく仕事用の車なんだから仕方ない。

確かに借金はしたくないというのが本音だが、新しい車に1週間乗ってみて思ったことは、これで突然の故障でどこかで止まってしまう心配が無くなったということだ。

車が故障してレッカーを呼んだことがあるが、動かなくなった車ほどやっかいなものはなく、仕事のこと、修理のことなどいろんなことを短時間で処理しなければいけないストレスは想像を絶している。

スポンサーリンク

さらに万が一、片側2車線の大きな道路上で動かなくなってしまったりしたら、事故の危険も増加するわけだから、そのストレスだけでハゲてしまうだろうwww

つまり、新しい車の快適さ考えるとこの借金は価値ある借金と言えるのではないだろうか?

借金でも、仕事のストレスを減らしてくれて、仕事がはかどるというような自分の身を助ける借金なら、投資と言えないこともないわけだし、無理のない返済ができれば借金してもいいのかもしれないと思う今日この頃。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です