仕事用の軽貨物車がヤバいのでローンで中古車を購入。。。借金生活始まる!

立て続けに物が壊れるのは金持ちになる前兆か?!とこの記事で書いたばかりだが、金持ちどころか半年も早く借金生活になってしまった(汗)

その借金の元は仕事用の車( ̄Д ̄;;

実は物が壊れるバイオリズムはとどまることを知らず、先日、とうとう我が家の生活費を稼ぐ仕事道具の軽貨物車から変な音を発するようになってしまった。

と言っても、走れないことは無いのだが、この1年で2回の修理を経験している今の車は経年劣化と多走行によってハッキリ言ってボロボロの状態になっているんだと思う。

20161009keikamotu

そのため、変な音が出始めたということはいつ故障してもおかしくないわけで、危機管理能力が優れている俺はどうしたものかを寝ずに考えていた。

寝ずに考えたというのは比喩や誇張ではなく、本当に昨夜から今朝まで一睡もできなかった。

それほど考えていた内容は当然、車の購入資金のこと。

ギリギリの生活をしている俺には車の購入資金を貯める余裕などあるはずもないわけだから、車を買うとなれば当然、ローンを組まなければいけない。

スポンサーリンク

しかし、ローンを組むと簡単に言っても生活費に余裕が無いわけだから、いくらくらいまでなら滞りなく払い続けることができるのかを考えたり、計算したりしていた。

それよりも重要なのはワーキングプアで低収入の個人事業主にローンが組めるか?ということだ。

ローンが組めなければ、車を買うなんてのは夢のまた夢でその場合、月々の支払いが多少高くなっても金利の高いカードローンから借り入れをして、余計な金利を支払続けるしかないとも考えていた。

そして今朝、寝ていないのにまったく眠くならないくせにダルい体にムチ打って、ネットで目星をつけておいた車を見に行った。

スポンサーリンク

実際、モノを目の前にしてしまえば、今のボロ車と比較してしまうし、これからかかる車検代や修理費などを計算すると多少、無理してでも車が動く内に買い換えた方が得なように感じるわけだ。

で、販売店に状況を話して、ローンの話をしたら調べてみましょうということで、信用調査を始めてもらった。

その結果、なんと!保証人もつけずに借り入れOKという答えが出たので、その場で契約してきてしまった。

借り入れ額は70万円で月々の支払は15000円弱、支払い期間は5年、60回の長丁場だが、今までの経験から5年は確実に乗れると踏んでいる。

しかし、今までの生活費の中から15000円が余計にかかるわけだから当然、趣味の日帰り温泉の回数はかなり減ることは必至なのだ(-_-;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です