セブンイレブンのネットプリントで証明写真を30円で作る方法!

俺の本業(気持ち的には副業だが)は、軽1BOXを使って荷物を運ぶ軽貨物運送業なんだが、荷物を配達するところは基本的には企業だ。

企業と一口に言っても、オヤジが1人で切り盛りしている零細企業から、名前を言えば誰でも知っている東証一部上場企業まで、さまざまな企業がある。

上場企業のような大企業に配達する時は、敷地に入る際に入門証というものを提出する場合が多い。

20160302syoumei

その入門証がめんどくさいもので、1年に1度更新をしなければいけないのだが、今年もその時期がやってきた。

その際に必要になるのが、過去3ヶ月以内の証明写真だ。

「証明写真を2枚用意してください。」と簡単に言うのだが、街中にある証明写真のボックスで撮ると700円もかかることを知らないのだろうか。

700円と言えば、俺の昼食代よりも多い金額になるわけだから「はい、そーですか」と簡単に出せる金額ではない。

スポンサーリンク

これがお金を生む投資ならば、700円でも出すが、ただ入場するためだけのおっさんの写真に700円はかなりの大金だ。

そこで「金が使えないなら頭を使え」という貧乏人の鉄則をフルに使って、一番安く証明写真を作る方法を調べてみたところ、セブンイレブンのネットプリントで30円で作れることがわかった。

ネットプリント用の加工は、スマホではアプリ、PCではソフトかWEBでできる。

実際にスマホでもPCでもやってみたのだが、老眼オヤジにはスマホよりもPCの方が便利だと思ったので、今回はPCを使う方法を来年のために備忘録としてここに残しておこう。

証明写真を30円で作る方法

①元画像を用意する

証明写真用の元画像は、デジタルカメラかスマホカメラで撮影するのだが、背景は白系にしておくべきだろう。

俺の場合、ふすまが白だったので、その前に立って、自撮りしたwww

②証明写真用に加工する

撮影した画像をPCで証明写真用に加工するには、フリーソフトかWEB上のサービスを使うのだが、ソフトをインストするほどのことでもないので、WEB上の証明写真の加工サービス「FreeDPE」を利用した。

FreeDPEにアクセスすると「フリーの証明写真作成 Version 1」「フリーの証明写真作成 Version 2」「フリーの証明写真作成 Customバージョン」「フリーの証明写真作成 スマートフォン」の4種類があるが、ブラウザがクロームだとドラッグ&ドロップができるので「Version 2」を選んだ。

Version 2の画面でドラドロかファイル選択で、撮影した元画像をうpして、証明写真のサイズを選択したら「次へ」をクリック。

fr1

白枠をドラッグして顔の位置に持っていき、プレビュー画像で調整しながら、適当な位置で「証明写真を作成する」をクリック。

fr2

これでよければ「画像を保存する」をクリックするとPCに画像が保存される。

fr3

保存された写真がこれ

fr4

③セブンイレブンのネットプリントに写真を登録

PCに保存された写真をセブンイレブンのネットプリントに登録するのだが、ネットプリントのアカウントの作り方などはググればわかるので、ここでは割愛する。

ネットプリントにログインするとこのような画面になるので「フォト用紙にプリント」を選択する。

np1

次は画像の登録画面になるので、上部に記載されている「新規ファイルの登録 フォト用紙(Lサイズ・カラー)にプリント」を確認してから証明写真用に加工された画像をうpする。

np2

すると「プリント予約番号」が発行されるので、その番号をメモするかメールに送って、セブンイレブンのマルチコピー機に行き「ネットプリント」という項目を選択して、予約番号を入力し、30円を入れて、スタートを押せば、1分もしない内に証明写真が出てくる。

ちょっと手間はかかるが、普通なら700円もかかるところが、約23分の1となる30円で済むというのは、貧乏な俺にとって、非常にありがたく、この節約方法は久々のヒットと言えるワザだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です