楽天銀行デビットカードが便利だった!年会費無料だし…小銭はいらないし…

今さらなんだが、デビットカードがこんなに便利だとは思わなかった(汗)

20151206debitcard

デビットカードのことを知らないという人は少ないと思うが、一応、簡単に説明しておくと、銀行口座に直結しているカードで、クレカと同じように使えるのだが、クレカとの最大の違いは、その場での支払いか後払いかだ。

クレカの場合、1ヵ月ごとに締め切られて、その月にクレカで支払ったものは、後日、すべてまとめて払うが、デビットカードは、使った直後に銀行口座から引き落とされる仕組みになっている。

デビットカードの最大のメリットは「預金残高が限度額」に尽きる。

スポンサーリンク

クレカもデビットカードもお金を支払っている感覚が無くなるのは同じだが、クレカの場合、限度額までは使い放題であるのに対して、デビットカードは銀行口座にお金が無ければ使えない。

つまり、口座に1万円しかはいってなければ、1万円しか使えないので、いつの間に借金が増えていたということが無いわけで、借金や後払いが嫌いな現金派の俺でも気軽に使えるカードだ。

デビットカードの存在や仕組みは、昔から知っていたが、特に必要も無かったので、今まで使ってこなかった。

しかし、ここ数年の急激な資金難によって、ムダな出費を控えるようにしようと考えるようになってからというもの、お金に関するすべてのものを見直して見たところ、ネットバンクのコンビニATMの出金手数料が非常にムダだということに気付いた。

特に楽天銀行なんかは、出金はもちろん、入金でも手数料がかかることから、評判はあまりよろしくないのだが、ネットバンクが一般的になりつつある時に口座を開設して、いろいろなところに登録してある俺みたいなヤツラはそう簡単に変えられない。

しかし、楽天銀行のデビットカードを使えば、お金を出金することなく、クレカの使えるところならほとんど使えるし、手数料もかからない。

手数料がかからないどころか、逆に楽天ポイントが付くので、現金を使うよりも得することになる。

さらに、小銭を用意することも、お釣りで貰うことも無いので、消費税のせいでワケわからん小銭ばかりが溢れる財布になることもない。

しかも、本当にすぐに引き落とされるので、残高がいくらになっているかがすぐに確認できるので、クレカのような使いすぎの心配もないので、安心でもある。

ちなみに楽天銀行のデビットカードは、JCBとVISAの2種類あるのだが、ムダな出費は1円たりとも出したくない俺は、年会費無料のJCBデビットカードに切り替えた。

この切り替えもキャッシュカードを再発行するようなイメージなので、とても簡単で申し込んでから3日目くらいで新しいキャッシュカードが届き、デビット機能が使えるようになった。

この便利さにようやく気付いた俺は、どうせならVISAデビットも作ろうと思って、年会費無料でVISAデビットが持てる銀行を探したら、ジャパンネット銀行の口座とキャッシュカードがあれば、やはり切り替えの手続きをするだけでOKだった。

そんなわけでこの1週間でJCBとVISA、2つの年会費無料のデビットカードを手にしたのだ。

最後に楽天デビットカードのメリットをまとめると…

  • 現金と同じ扱いなので、現金を持ち歩く必要がなくなる
  • 現金と同じ扱いなので、口座残高が無くなれば終了
  • 現金と同じ扱いなので、後払いの借金が増える心配がない
  • 使い方と使える店はクレカと全く同じ
  • 1円や5円などわずらわしい小銭が必要なくなる

普段、コンビニくらいでしか買い物をしないとか、1日に使う金額が少額だとか、現金払いが一番と思っていて、デビットカードはまだ使ってないという人は、本当に便利だから使ってみることをおすすめしたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です