衝動買いしたパイソン二つ折り財布の使い勝手のレビュー!

1週間前にこの記事で書いた通り、衝動買いしてしまった持ち歩き用のパイソン二つ折り財布が無事、17日の火曜日に届いた。

DVC00239.JPG

使い始めて今日で5日になるので、使い勝手などをレビューしておこう。

まずデザインだが、これはイメージ通りで、つなぎ目の無い1枚革でジャバラが表から裏まで続いていてかなり良い。

普通の二つ折り財布と同じく、チノパンやジーンズのポケットにすんなり収まるくらいの小さいサイズで、ジャバラが前面に出ているので、ダイヤモンド柄は小さいというかほとんど無いが、個人的にはジャバラが出ている方が、ワイルドでかっこいいと思っているので、これはこれで趣味に合う。

内側はフェイクレザーなのはわかっていたが、合皮の中でもやわらかいものを使っているのか?やわらすぎてビニール感がハンパなく、なんか安っぽい感じがする。

スポンサーリンク

札入れは、二つ折りの上、ラウンドファスナー仕様なので、内側が狭い感じで使いにくいが、お札は1~2枚しか持ち歩かない俺としては、ほぼ問題ない。

カード入れは3枚なので、免許証、メインクレカ、保険証はカード入れに入れて、他のポイントカードなどは札入れが2つあるので、そちらに入れている。

小銭入れはやわらかいフェイクレザーのおかげで使いやすいことは使いやすいが、スナップボタンがちょいと固い感じがする。

総合的に判断するとパイソンの本革が2700円で買えたことを考えれば、割と高ポイントを与えても良いと思う。

ただし、手軽な持ち歩き用の財布としてという条件がついての話だということが前提である。

ちなみに、ジャバラが出ているパイソン革のことを「バックカット」と言い、ダイヤモンド柄が出ているパイソン革のことを「ベリーカット」というらしい。

金運アップのためにと購入したパイソン財布なのだが、その趣がどストライクだったのか?今ではパイソン財布を集めたいというコレクターの血が騒ぎ始めていることは、誰にも秘密にしている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です