サラリーマンの昼食代の平均はいくら?ワーキングプアの俺は…

金運アップを願って、パイソン財布を購入したのが6月。

それからはなんとなく金運、仕事運共にアップしたような感じがしていて、やはり財布を変えるのは良いことだと思っていた。

※参考記事

金運アップというより仕事運アップ?!これはパイソン財布のおかげなのか?

金運アップ財布に変えてから約2ヶ月。。。金運アップはしたのか?

ヘビ革財布に決定!これで金運アップ間違いなし!なのか?

しかし、元来、物を持っているのがヒジョーに嫌いな俺にとって、でかい長財布は結構なお荷物だった。

それでも、金運アップのためだと思って、我慢していたのだが、コンビニでパートをしている嫁から「今はクレジットカードで支払いをする人が驚くほど多い」という話を聞いた。

確かに仕事をしているウィークデーは使う金額というのは、昼食代くらいなので、クレジットカード1枚持っていれば用は足りるのだ。

スポンサーリンク

そこで、ふと気になったので、一般的なサラリーマンの昼食代の平均はいくらくらいなのかを調べてみた。

バブル全盛期の1990年代前半だと約750円だったのだが、それを最高にして徐々に下がっていき、金融危機の影響が残る2010年には約500円と最安値となったようだが、2015年には約600円になったということだ。

ちなみにワーキングプアの俺の昼食代は100~200円だ。

一見、少ないと思うだろうが、実は今年の2月からおにぎりを持って仕事に行ってるので、この金額はおかず代だけ。

その他に嗜好品を買うので、1日に使う金額は700円前後というところだ。

これはほぼ決まっているので、3週間ほど前から仕事の時はクレジットカードと小銭を少々持っていくだけにして、携帯に便利な牛革財布を近くのホームセンターで495円という激安価格で買ったのだが、色が黒というのがちょっと気に入らない。

金運アップを考えれば、黄色系か白系、ヘビ革が良いので今、探している最中だ。

一応の候補はこれ。

ただ、フェイクレザーなので二の足を踏んでいる状態だ。

金運アップを願うなら、やはり合成皮革じゃなく、本革じゃないとな。

お気に入りのパイソン財布はどうしたかというと普段は、お金やカードを入れておく金庫として使っていて、持ち歩くのは休日だけになったのだが、最近、仕事が減ってきたような気がするのは気のせいだろうか…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です