中高年が今から始めるネット副業は何が良いのか?それは…

副業を探している人はかなり多いと思うが、副業と言えば、昔は本業が終わった後にアルバイトをするというのが普通だった。

しかし、現在では副業と言えば、ネット副業を思い浮かべる人間も多くなったようだ。

さらに「ネット副業」で検索をかけてみると「中高年 ネット副業」というキーワードも出てくるので、ある程度は検索需要があるのだろう。

もしかしたらアフィリエイターが副業を探している中高年をターゲットにして、金儲けを考えているだけかもしれないが…

20151029netbiz

それはさておき、せっかく「中高年 ネット副業」というキーワードがあるので、中高年の俺が考える中高年のネット副業では何が良いのか?のかを考えてみた。

まずネット副業というのは、ネットを使ってお金を稼ぐことだが、本来、何の資格も特技も無い中高年がお金を稼ぐなんてことはあり得ない。

しかし、努力すれば何の資格も特技も無い、いわゆる素人の中高年でも、お金が稼げる可能性があるネット副業を挙げてみよう。

スポンサーリンク

素人でもできるネット副業は、物品販売、アフィリエイト、ライティング、ポイントサイト…これくらいだろうか。

ネット副業というといろんなものがあるような感じがするが、突き詰めるといくつも無いことがわかる。

ここに挙げたネット副業を俺の独断と偏見で解説してみよう。

物販

物品販売(以下、物販)は、ネットで商品を販売することで、オークション、せどり、ネットショップなどがある。

物販は安く仕入れて、高く売るだけで、その差額が儲かるという商売の基本中の基本なので、お金の流れ、儲かる仕組みがわかりやすい副業だ。

ただし、売れるものを見つけるためのリサーチ力と多少の目利きが必要になることは間違いないし、仕入れにお金がかかるので、資金にある程度の余裕が無いと厳しいのでないだろうか。

仕入れた商品が売れなければ、赤字となるのは言うまでも無い。

よく「目利きは必要ありません」とか「3万円の資金があれば稼げる」などの甘い誘い文句を見かけるが、そんなのは情報教材や高額塾へ誘うためのキレイごとで、仮に謳い文句どおりだったとしても、運が良かった一部の人間だけだと思った方が良いだろう。

まあ、おいしい話にすぐに飛びつくバカ、いや若者とは違い、酸いも甘いも経験してきた中高年なら、そんなことは言われなくてもわかってると思うが。

つまり、売れるものを見極めるリサーチ力と仕入れ資金があるなら、物販を始めても良いのではないだろうか。

どれくらい儲かるかは本人のスキルによるところが大きいと思うが、稼げる人は副業の枠を越えて本業になるくらい稼ぐ人もいるようだ。

アフィリエイト

アフィリエイトは、企業の商品やサービスを紹介して、購入や申し込みがあると報酬になるもので、昔からあるバックマージンを貰うというのが基本だ。

それだでなく、商品を紹介しないで、広告を貼っておいて、それがクリックされると報酬が貰えるアフィリエイトもある。

最近、猫も杓子もやっているユーチューバーも基本的にはこれに当たる。

ブログやメルマガ、SNS、YouTubeのチャンネルなどの紹介する媒体を持っていれば、すぐに始められて、自分で商品を仕入れる必要もないので、売れなくても赤字にもなることもなく、簡単に始めることはできる。

とはいえ、この記事でも書いたが、やることはシンプルでも稼ぐのは簡単ではない。

ブログならアクセス、メルマガなら読者、SNSならフォロワー、YouTubeなら登録者と全てにおいて“数”が必要になる。

つまり、どんな媒体であれ、圧倒的な数さえあれば、確実に稼げるのがアフィリエイトだと思う。

しかも、その数が多ければ多いほど、夢の不労所得が実現できる可能性もあるのがアフィリエイトだ。

アフィリエイトも上手くいけば、本業の収入を軽く超えるポテンシャルを持っているが、センスの無い人、飽きっぽい人は時間の無駄使いになる可能性が高いと言えるだろう。

ライティング

ライティングは、ブログライターとも呼ばれ、人のブログやサイトの記事を書いて、報酬をもらう仕事だ。

最近では、記事を書いて欲しい人と記事を書いてお金を貰いたい人を引き合わせるマッチングサイトが人気でいくつもあり、外に働きに行けない主婦などが複数のマッチングサイトに登録してやっていることが多い。

ライティングは物販やアフィリエイトと違い、記事が書けさえすれば、ほぼ確実に収入になる。

“ほぼ”というのは、依頼人の指示に合っていない記事を書くと「非承認」になることがあるので、どんなに頭を使って記事を書いても、非承認になれば、1円にもならないというリスクもあるのだ。

しかし、1日に何十記事も書ければ、パートの給料分くらいは稼げる可能性があるのも事実だ。

情報をまとめるのが得意、記事を書くのが得意という人なら稼げると思うが、そんなスキルがあるなら、自分でアフィリエイトを始めた方が後々良いと思うのだが…

ポイントサイト

ポイントサイトで稼ぐというのは、企業が提供するサービスに対してアクションをすることで、ポイントがもらえるというものだ。

ポイントがもらえるという点では、アンケートなどもここのカテゴリに入ると思う。

ひとつのアクションや作業をすることで、1円分とか10円分とかのポイントがもらえるので、数さえこなせればほぼ確実にお金にはなる。

ただし、時間が限られている副業としてやるには、どんなに頑張っても子供のお小遣いくらいにしかならない場合が多い。

副業とはちと違う感じもするが、実際に数万円も稼いでいるツワモノもいるようなので、一応、ネット副業に入れておいた。

ポイントサイトでコツコツとポイントを溜めて数万円を稼ぐには、基本的には無理だと思う。

ポイントサイトで数万円を稼いでる人の大半は、他人をポイントサイトに登録させて、2ティアを獲得している場合がほとんどなので、ある意味、アフィリエイトで稼いでいるのと同じだと思う。

まとめ

ネット副業と言っても、実は大きく分ければこれくらいしかないのだ。

まあ女性なら、チャトレとかをやればある程度は稼げるかもしれないが、さすがに中高年となると一部のマニアに喜ばれるだけなので、あまり一般的とな言えないと思う。

ちなみに俺はネット副業と言われているものは、ほとんどやってみた。

それを踏まえても、現時点で中高年のネット副業はこれがおすすめというのは無い。

強いて言うなら、やれるものはすべてやってみて、自分に合う副業を見つけるのが最も近道なんじゃないだろうかと思うのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です