タダより高いモノは無いは昔の話!今は無料ほどお得なモノは無い!

タダより高いモノは無いと言われていた時代というかことわざがあった。

これは、タダで何かをもらうとその代わりに何かを頼まれたりして、かえって高くつくことが多いということからきたものだが、現代に限って言えば、この言葉は当てはまらないと考えている。

昔は人と人が関わるには必ず顔を合わせる「対面」が基本で、対面で何かを無料でもらうともらった方はそこで恩義を感じることになる。

その恩義を抱えながらいて、その後、タダでもらった相手に何かを頼まれるとほとんどの人は断れなくなる。

これは心理学で言われている「返報性の原理」にあてはまるわけだが、現在では勝手が違う。

それは顔を相手にさらすことなく、言いたいことが言えるネット社会だからだ。

0yen

しかも、ネット社会で人を集めようとする時に一番大切なことは「まず与える」ことだと言われている。

確かにネットにつながっていれば、知りたいこと、見たいことのほとんどは無料でできるし、無料写真、無料フォント、無料BGM、無料ソフトなどなどネットユーザーであれば無料は当たり前と思っているものだ。

しかも、そのタダはもらうだけもらって返さなくても良いわけだから、こんなにお得な話はない。

もちろん、俺もネットユーザーの1人として、無料が当たり前と思っているが、ネットを始めたころは「え?これってタダでいいの?何か悪いような気がする」と思っていたものだ。

それが最近では欲が出てきて、無料でもレベルの高いものじゃないと許せなくなってきたwww

いくら無料とはいえ、こんなものに時間を使わせるなんて、人間のクズだ!などと思うこともある。

自分のクレクレ君を棚に上げて何言ってやがる…という声も聞こえそうだが、何と言われようと俺にはそんなことは関係ない。

住所や電話番号など、個人情報を提示してもらうのはイヤだが、捨てメアドひとつでくれるものは貰っておいて損はない。

アフィリエイトやせどりなど、ネットで稼ぎたいと思っている人間がタダでもらうもののひとつに教材がある。

この無料教材だが、最近ではすごくレベルが上がってきて、5年くらい前だったら30000円で売っていた情報商材と同じだろうと思えるレベルの教材が無料で手に入る時代になった。

しかも、レベルの高い教材をタダで手に入れるだけでなく、それを人に紹介して無料でプレゼントするだけで、お金がもらえるという仕組みができあがっているのだ。

これを「無料オファー」と呼んでいるのだが、俺もこれからネットで稼ぎたいと思っている人たちに無料教材を紹介しようと思っているが、結果が出るかどうかは完全に未知数だ。

ただ、ネットビジネスの良いところは、何かを始める時の金銭的なリスクは、ほぼ皆無だというところなので、まずは行動あるのみ!と思っている。

ただ、時間は無駄になる可能性があることは否定できない…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です