軽貨物の仕事は稼げるか?その答えは軽貨物歴19年目の俺が教えてやる!

「軽貨物の仕事って、稼げるの?」

ちょっと親しくなった人との会話では、必ずと言って良いほど出てくるセリフだ。

やはり軽貨物の仕事をしたことない人にとってみると、軽自動車1台で配達の仕事をするとどれくらいの稼ぎになるのかが気になるのだろう。

haitatuwoman

しかも、軽貨物求人の多くは「月収50万円以上可能!」などと謳っている場合が多いのだから。

そこで今年で軽貨物歴19年目の俺がその答えを教えてやろうと思う。

結論から言えば…「稼げる人は稼げる、稼げない人は稼げない」というのが答えだ。

「なんだ、そんなことはわかってるよ」という声が聞こえてきそうだが、軽貨物だろうが、商売だろうが、稼ぐための基本は同じということだ。

これから軽貨物の仕事を始めたいと思っている輩には「軽貨物って、自分で買った軽自動車で、自分のペースで仕事ができるんだから気楽そうでいいよな」というイメージを持っている人間が多い。

何を隠そう、19年前の俺がまさにそう思っていたからよくわかる(汗)

俺は「会社に雇われない生き方」のひとつとして、個人事業主で軽貨物を始めたわけだが、生活をしていくだけの金を稼ぐには、自分のやりたい仕事だけをやっているわけにはいかない。

軽貨物をやり始めればわかるが、中にはやりたくない仕事、割に合わない仕事が回ってくることがある。

もちろん一度くらいなら、やりたくなければ断れば良いが、そういう仕事は必ず二度、三度、回ってくる。

その都度、断っていたら、確実に仕事が来なくなるというのは、どんなバカでも容易に想像がつくだろう。

そうなれば、仕事が無くなるので、稼げなくなって廃業という流れになる。

軽貨物に限らず、個人事業主というのは、誰にも指図されずに自分の考えで仕事ができるということで一見、気楽に見えるが、実は社会の中でもいろんな意味で、底辺をさまよっていると言っても過言ではあるまい。

つまり、軽貨物の仕事で生きていくと決めて、どんなにイヤな仕事でも、断らずにやり続けていれば稼げるし、逆に気楽に軽トラ、運転してればいいんだろ?という考えで軽貨物の仕事を始めれば、絶対に稼げないということなのである。

ちなみに俺は確実に後者だが、何か?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です