ネットで稼ぐことを本気で考え出したきっかけ~働くパソコン~その②

俺専用と言っても、ホームページのHTMLファイルがあるだけなのだが、パソコンを始めて半年経つか経たないかくらいの時だったので「お~!俺も時代の最先端に来たんだなあ~」と妙な感慨にふけったことを思い出す。

設定方法が書かれたテキストファイルに、HTMLファイルをメモ帳で開く方法から、編集方法、登録すべきサービスと自分の紹介リンクを取得する方法、windowsのメールソフト「OutlookExpress」の設定方法、無料ホームページサーバーへのアップロード方法などが比較的、事細かに書いてあった。

mailinterfase

しかし、それを読んだところで、人差し指で文字を入力しているくらいのレベルだから、コピーだのペーストだの言った専門用語が出てきてもさっぱりわからない。

今ならわからないことがあればすぐに検索するのだが、当時は検索することすら思いつかず、友人に電話してコピーというのは何だ?やり方はどうすればいい?などを聞いたのだが、理解はできなかった。

笑えるのは、どうにか自分の紹介リンクを取得するまではできたのだが、意味不明の文字がランダムに並んでいる文字列のコピーができない。

仕方ないので、その文字列を表示したまま、紙とペンでその文字列を一文字一文字書き写すという無謀なことまでした。

それがようやく終わったと思ったら、今度はOutlookExpressの設定をしなければいけないのだ。

フォルダを作り、○○という件名のメールが来たらそのフォルダに振り分ける設定をして、と同時に自動返信でファイルを添付して送信するという設定もした。

そんなことをしながら、ひとつひとつ作業を進めていって、10日くらい経ったころ、ようやく自分のホームページのHTMLファイルと自動返信メールの仕組みが出来上がった。

しかし今度はそのHTMLファイルをサーバーにアップロードするという意味がわからない。

自分のパソコンの中でそのファイルをクリックするとちゃんとホームページが表示されるのに、それだけでは他の人の目には留まらないということがわからなかった。

意味はわからなくとも、そこに書かれている通りに無料サーバーに登録して、そこに書かれている通りにHTMLファイルをアップロードしてみたら、URLをクリックすると自分のホームページがちゃんと表示されているではないか!

この時の感動は今でもよく覚えている。

ここまでの作業を今やろうと思えば1時間程度で終わる作業量なのだが、当時は2週間以上かかってやり遂げたという達成感もあり、感動を助長させたのだと思う。

しかし本題はここからだった。

謳い文句によると「自分のホームページを宣伝できるサイトに登録したら、あとは待つだけで特に何もしなくても、自分の口座にお金が振り込まれる」ということだった。

そんなことを本当に起きるんだろうか?と半信半疑でそのまま放置しておいたのだが、1週間くらい経った頃だろうか、なんと!本当に口座に2000円が振り込まれていたのだ!

その時の心境を言葉で表すと「2000円?え?なにコレ?うそ!?え~~~~~!に、に、2000円が振り込まれてるぅ~~~~~~(気絶)」といった感じだった。

これは人差し指で文字入力をするレベルのパソコン音痴のアナログ人間だったに俺にとってはまさに天と地がひっくり返るほどの衝撃、まさに「コペルニクス的展開」と言っても過言ではない出来事だった。

この出来事を経験したことで、ネットで稼げるんだということを深く心に刻むことになったのだが、結局、この「働くパソコン」は合計10000円くらい稼げたと思うので、元は取れた上、8000円も儲けたことになる。

しかし、時給に換算すれば100円いくかは疑問だ(汗)

あれから10年近く経った今、思い返してみるとなんてことはない、無料会員登録のアフィリエイトと情報販売を組み合わせて、メールの自動返信でファイルを送るだけのことなのだ。

当時、稼いだ10000円というのは情報販売のもので、アフィリエイト報酬は支払い金額に達していないのでもうらことはできなかった。

それでも「働くパソコン」のおかげでネットで稼ぐ仕組みの基礎を勉強させてもらった上に儲けたのだから、ある意味、成功だったと言えるのではないだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です