ネットで稼ぐことを本気で考え出したきっかけ~働くパソコン~その①

今日も元気にワーキングプアをやっているが、最近、過去を振り返ることがよくある…もしかして死期が近づいているのか?

たとえそうだとしても、俺は最後まで「会社に雇われない生き方」を貫いて、散る覚悟はできているつもりだ!多分…

過去を振り返った時に必ず思い出すのが、完全なるアナログ人間だった俺が本気でネットで稼ぎたいというきっかけだ。

誰でもそうだが、何事にも必ずきっかけというものがあるが、俺がネットってお金が稼げるんだと知ったのが“働くパソコン”というものだった。

notepc

2005年の12月に友達から中古ノートPCを買ったんだけど、急に必要なくなったから買わないか?と話を持ちかけかれたのがパソコンを触るきっかけになった。

最初は電源を入れては切るということを繰り返していたが、インターネットでいろいろ見たり、調べたりできるということを知ってからは、ネットサーフィンにはまりだした。

もちろんキーボードで文字入力なんてしたことがなかったので、人差し指で一文字一文字時間をかけて入力してネットサーフィンをしていた記憶がある。

そんなことをしているうちにだんだんとパソコンというものが、どういう機械なんだかが漠然とわかってきたのだが、今度はパソコンでできることって何があるんだろうと興味が沸いてきた。

そんなある日、いつものようにネットサーフィンをしていたら、パソコンでちょっと作業をすればお金が稼げるというニュアンスのページを見つけた。

それを見た時は…

なんで家にいてパソコンを触っているだけでお金が稼げるのか?

誰がお金を払うのか?どうやってお金が手元に来るのか?

???????…

とハテナマークだらけで全く意味がわからなかった。

パソコンの電源を入れて、何かを入力するとお金が稼げるという世にも不思議で非常に怪しい事柄に興味を持った俺は夜な夜なネットを使って稼ぐとはどういうものかを調べていた。

その結果、ネットで稼ぐためには絶対に必要なものがわかった。

それがネットバンクの口座だった。

そこで初めてネットバンクというものを知ったのだが、いずれにしても便利そうなのでとりあえずジャパンネット銀行の口座を作ってみた。

それからしばらくして「働くパソコン」という今でいうところのいわゆる“情報教材”に出会ったのだ。

働くパソコンというのは、申し込みをすると俺専用のホームページがもらえて、その内部をちょっとだけ書き換えて、サーバーにアップロードしておくとあとは何もしなくても、パソコンが昼夜問わず勝手に働いてくれて、お金がネットバンクの口座に振り込まれるというものだった。

そんなこと絶対ありえない!と頭ではわかっていたが、心はどういう仕組みなのか?どうしても知りたいと思っていた。

1週間ほど考えたあと「社会勉強のためだ!たった2000円なら無くなっても仕方ない」と自分の心に言い訳をしながら申し込みボタンを押してみた。

すると「下記の口座に2000円を振り込んだら「入金完了」という件名でこのアドレスにメールをしてください。」というメールが来た。

もう2000円は捨てるつもりでいたし、放置しておいたら大変なことになってしまうのではないかという心配もあったので、すぐにそこに書かれた口座に2000円を振り込んで「入金完了」というメールを送った。

そしたらすぐに添付ファイルの付いたメールが来たので、添付ファイルをダウンロードしてみた。

そのファイルをクリックしても何も起こらない…あ~やっぱ騙されたか~と少しがっかりしながら、ファイルが開けないというメールを送るとそれは解凍しないと開けません、解凍するソフトはこれです。という返信が来た。

そう、それはzipファイルだったのだ。しかしzipファイル自体なんなのか全くわからなかったので、言われたとおりにやってみたら中身が出てきた。

そこには俺専用のホームページと設定方法が書かれたテキストファイルがあった。

次回へ続く…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です