ゴールデンウィークにはお金をかけずに遠出しちゃえ!ワーキングプアの大黒柱流・貧乏旅行術!

何度も言っていると思うが…俺の趣味は旅行なのだが、ワーキングプアになってからは、ちゃんとした旅館やホテルに泊まる旅行はした記憶が無い。

普通の貧乏なら、お金も無いのに旅行なんてとんでもないと考えるのかもしれないが、そこは自由こそ人生というのがポリシーの俺様、貧乏だろうがなんだろうがゴールデンウィークのような大型連休にどこにも出掛けないなんてありえない。

普段からずーっとガマンしながら生活しているのに、大型連休くらいはパーッと羽を伸ばさなければ、ノイローゼになってしまうかも知れないじゃないか!

だから、お金が無いなら無いなりに最小限のお金で旅行するように工夫するのが真のワーキングプアというものだ(そんなこと言っているからワーキングプアになるんだ!というツッコミは受け付けない)

今年のゴールデンウィークももちろん出掛ける予定でいるが、今のところ場所や目的は未定で、まずはどうやって寝泊りするかを考えている最中だ。

parking

今現在、最も現実的な寝泊り方法は軽自動車での車中泊旅行だ。

車中泊というのは、車の中で寝ることだが、幸い俺の本業は軽貨物運送業ということで、荷室が広い軽1BOXを持っている。

この荷室を利用すれば車中泊なんて、なんら問題は無いのだが、困ったことに我が家は嫁と中学生の息子1人の3人家族。

いくら軽1BOXが広いと言っても、車中泊をするには大人2人と幼児までが限度なので、夫婦2人と中学生となると荷室に寝るのはちいとキツイ。

そこでそうしたものかと考えを巡らせていたら、ひとつの方法を思いついた。

それは一番背が低い嫁を助手席に寝かせて、俺とセガレが荷室に寝るということだ。

しかし、助手席は完全なフラットにはならないので、荷室のような快適な寝心地というわけにはいかなそうだ。

そこで今度は助手席をいかに快適なベッドにするかを考え始めたのだが、これがなかなかクセモノでコレ!というアイデアが浮かんでこない。

とはいえ、いくつか候補は出たのだが、うまくいくかどうかは今のところ全くの未知数。

こういうことは実際やってみるのが一番確実なのだが、それには材料を買わなければいけないというジレンマに陥っている状況だ。

ゴールデンウィークまでにはどうにかするつもりだが、そんなことを考えていたら、棚からボタモチで旅の目的が浮かんできた。

今年のゴールデンウィーク貧乏旅行の目的は「道の駅を巡る旅」にしようと思っている。

なにしろ車中泊するところが道の駅だからね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です