イギリス人になりたい!生活保護で楽しい人生が歩めるなんて…

先日、日本テレビの「世界まる見え!テレビ特捜部」を見ていたら、イギリスの生活保護について放送していた。

そこで紹介されたイギリス人たちの生活ぶりがあまりにも贅沢なので、軽くムカついたのだが、同時にうらやましいと心から感じたものだ。

ingland

そのふざけたヤツラがいくらくらい生活保護費をもらっているかをここに記録しておこう。

・シングルマザーの女2人

当然無職で1人は月28万円、もう1人は月35万円の生活保護費をもらって生活している。

・アラフォー夫婦

6年以上働かないで月23万円の生活保護費をもらっているが嫁は「この金額じゃギリギリ」と文句を言っている。

・11人の子供や孫と生活している女

もちろん働かずに月85万円もの生活保護費をもらっているが「家が狭いのどうにかしろ」とごねてタダで広い家に改築した。

どや!この理不尽さ!

朝から晩まで金策のことばかり考えて仕事をしているワーキングプアの俺から見れば、ムカつく以外の何物でもないだろ?

いくら社会福祉制度が充実しているからって、これはヒドイと感じると同時に財源は大丈夫なのか?ギリシャみたいに破綻しちゃうんじゃないの?と思ってしまった。

まあ、そんなことはバカな俺が考えてもわからないおいしい仕組みがあるんだろうが…

っていうかイギリス人に生まれたかったなあ…

っていうか日本の生活保護制度が悪すぎるんだよな。

働けるのに難癖つけて働かないで、生活保護費を騙し取っているヤツラには甘くて、必死こいて働いている我々には厳しいんだから手に負えない。

オエライさんたちさあ、そろそろ日本の生活保護制度を見直して、厳しすぎる条件を緩和して、俺のような真面目なワーキングプアを救うことを考えてもいいんじゃないか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です